イギリスの大学院の応募結果2017年度版

f:id:l0vu4evr:20190704051340j:plain

はじめに

私は2017年度と2018年度、2回大学院の願書提出を経験しています。 

これから大学院へ応募される方への情報提供として、2017年度の結果を公表したいと思います。

ぜひ、大学院留学を考えている方は、頑張ってくださいね。

 

2017年度受験結果

2017年2月ー3月に私は初めてイギリスの大学院に願書を提出しました。

私が願書を提出した大学は下記の通りです。( )は結果です。

 

1)University College London MA Policy Studies in Education( X )

2)King’s College London MA Education, Policy and Society ( O )

3)University of York MA in Global and International Citizenship Education ( O )

4)University of Sheffield MA Globalizing and Education Policy and Practice ( O )

5)Unversity of Birmingham MA Education ( O )

6)University of Edinburgh MSc Education ( O )

7)University of Manchester ( 未受験 )

 

University of Manchester は願書作成段階で、仕事と大学院への応募書類の作成の日々に疲れすぎて、出願断念。

 

2018年の結果から考えたこと

実は、2017年のこの段階で願書を送っても、結局私は2017年度は仕事の都合で、大学院入学は果たせないのは分かっておりました。

それにも関わらず、願書を応募したのは、deferral(合格延期)という制度があるのを知っていたからです。

この制度は、2017年度に合格しても、適切な理由があればdeferral request (合格延期申請)を、申請することで、翌年の2018年度に入学することができるという制度です。

 

deferral requestを送るつもりで受験した6校の受験結果に私は相当悩みました。

特に、King's College Londonからは、研究科長より直接メールをいただき、合格を伝えられました

 

当時、私は海外の大学院の入試制度をいまいちよく分からず受験したので、研究科長からメールをいただいた時は、「なんだこれ?」という感触だったのですが、結構レアケースだったのかな?と思います。それとも、研究科長の先生がメールを送りたい人だったのか・・・?よく分かりませんが、最後の最後までKing's College Londonへの入学を迷いました。

 

人生リセット留学。 (ソノラマ+コミックス)

人生リセット留学。 (ソノラマ+コミックス)

 

 

でも、この年UCLの不合格は、とても悔しくて、もう一度受験し直そう!と心に決めたんです。そして、全ての大学のオファーを断りました

*これは非常に心が痛んで・・・たくさん推薦状の件でお手伝いしてくださった、大学の先生には、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

その後、もう一度原点に戻って、「自分は何を勉強したいのか?」ということを考え直し、Personal Statementも一から書き直しました

色々と深く考える中で、UCLのコースもPolicy StudiesからSociologyへ変更しました

 

実は、この記事を書くにあたり、久しぶりに過去のメールを読み返して、私の受験校と受験コースを確認したのですが・・・なんだか、一覧にしてみると、気持ちがブレブレだなと思いました(笑)

きっと、これだから私はイギリスに留学するまで結構な時間がかかってしまったのかもしれません・・・。反省ですね。もっと勉強に勤しみます。

 

2018年度の結果も気になる方は、下記の記事をご覧ください。

 

ucl.hatenadiary.com

 

海外留学がキャリアと人生に与えるインパクト:大規模調査による留学の効果測定

海外留学がキャリアと人生に与えるインパクト:大規模調査による留学の効果測定

  • 作者: 横田雅弘,太田浩,新見有紀子,花田真吾,渡部由紀,秋庭裕子,小林明,米澤彰純,新田功,河村基,黒田一雄,貝沼知徳,芦沢真五
  • 出版社/メーカー: 学文社
  • 発売日: 2018/04/05
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 


イギリスランキング