IELTS Writing 対策 ー書くだけでは不十分!?の巻ー

f:id:l0vu4evr:20190611131408j:plain

Writing 対策!書くだけではない、対策方法!

本日はタイのナコンサワン県からブログを書いております。

ナコンサワン県はバンコクから電車で3時間〜4時間ほどの北に行ったところにあり、自然豊かな町です。

 

私にとってこれが最後のタイ旅行!あとは、ロンドンへ行くのみです!!

このナコンサワン旅行については、もう少し落ち着いたらまとめたいと思います。

 

さて、今日もIELTSのライティング対策についてです。

このネタは、やっぱりIELTS学習者にとっては気になるネタですからね。

 

みなさん、IELTSのライティング対策ってどのように行なっているのでしょうか?

私の当初の対策方法は「たくさん書いて、問題の傾向に慣れる」ことでした。

 

しかし、この方法ではライティングは太刀打ちできないことを私の2年間に渡るIELTS学習の後半に感じました。(長かったし、気づくのが遅かった・・・涙)

 

では、何が必要なのか?と言いますと

「リーディング」です。

 

やっぱりいい文章を書くには、いい文章読むことが大切です

なぜ、このような理解に至ったのか?と言いますと、あるネイティブの先生と授業でのやりとりでした。

 

<授業中の会話>

ーこの授業では、自分で書いてきたエッセーを添削してもらっていましたー

 

私:「先生、私は時制、冠詞、不可算名詞の使い方に課題があることが多いんです。私が書いてきたエッセーを見ながら、そのような点について指導していただきたいです。」

 

先生:「OK!」

 

ー先生チェックー

 

先生:「最近、本読んでる?」

 

私:「まー、少し」

 

先生:「何の本?英語?」

 

私:「はい、英語で教育学者の哲学についての本を読んでいます」

 

先生:「それ、楽しいの?」

 

私:「それなり・・・かな?あんまり先に進まないけど(笑)」

 

先生:「はっきり言って、君にはIntensive Reading が欠けているよ!

 

私:「What?!(少しムッとしました笑)Intensive Reading で何を読めばいいんですか?」

 

先生:「小説とか・・・もっと楽しいものをたくさん読みな!」

 

私はムッとした瞬間に次の2つのことを考えました。

  • 小説を読むことで、Task1のグラフを上手に表現できるようになるのか?!
  • 小説を読むことで、Task2のアイディアをすぐに考えられるようになるのか?!

 

しかし、、、、

これだけの会話のあと、私の勉強方法は一転しました

 

1)「小説を読め!」と言われたので、英語の小説を読み始めた。

*この時は、取り組みやすいものから!と、村上春樹のKafka on the Shore を購入しました。(私は村上春樹の大ファンなんです。)

 

*小説を読み始めたら、速読力がついてReadingの点数が上がった!(おまけ、ラッキー♪)

 

Task2で使えそうな語彙やイディオムが結構あって、復習になった!(おぉ!)

 

*ネイティブの先生がオススメしていたのは、Grade Readersシリーズです。これは、短い小説ですし、自分のレベルに合った英語力を選べるので、飽きずに読むことができます。(私は、少し反抗して村上春樹を読み始めたんですけどね笑)

 

2)Task1対策として、統計的データを読み始めた。

(例1)Office for National Statistics  https://www.ons.gov.uk/

(例2)OECD Data https://data.oecd.org/

 

*通勤時間を使って、好きなグラフを読んでいました。

ここでのグラフの解説は、IELTS Band 9 のクォリティーそのものです!

知らない人が書いた文章で勉強するより、これを読んでいた方が、より良い表現に近づけると確信しました。

 

*イギリスの統計的データを読んでいたことで、イギリスの教育事情について深く知ることができて、奨学金の面接に役立ちました。(一石二鳥です!)

 

こんな感じで、私の勉強方法は大きく変化を遂げました

結果的には、やっぱりリーディングというインプットなしでは、ライティングでのアウトプットは難しいんだな!ということが分かりました。

 

では、単語帳でのインプットはどうか?と言われると、

それも十分ではないと思います。

個人的な理由としては、正しい使い方をしている文章をしっかりと読んで覚えた方が、上手に単語を使うことができるからです。

 

最後に余談になりますが・・・・

実は私に大きな影響を与えたネイティブの彼・・・。

今はIELTSの試験管となってしまいました。

人生って色々ですね。

 

以上、ライティング対策についてでした!


イギリスランキング