IELTS対策コースの予算はいくら?ー日本とタイを比較してみましたー

f:id:l0vu4evr:20190823220247j:plain

目次

はじめに


IELTSで高得点
を目指して、日々勉強をされている学習者のみなさん、本当にお疲れ様です。

私は独学で2〜3年ほどIELTSを勉強し、本当に悩みました。

私の現在スコアはのOverall Band 7.5

Reading とListening は8.5に達しました。

しかし、これだけ点数が出ても、Writingの点数が6.0止まりで、涙を流す日もありました。

残念ながら、未だに、完璧な攻略方法は分かりません。

ですが、イギリスに来て約3ヶ月

UCLの先生や仲間に支えられ、私のWritingは飛躍的に伸びIELTS対策でゴリゴリに固まった私のWritingのスキルを柔軟な方向へ解放してくれたような気がします。

きっと、IELTS14回ほどの受験で、Writingが6.0止まりであったのは、このゴリゴリに固まったWritingのスキルに課題があったのかもしれません。

 

さて、私の最近の思いは、ここまでにして・・・・。

 

今日は「IELTS対策コース」を比較してみますが、実は私はIELTS対策コースを日本で受講したことがありませんし、タイで勉強していたので、タイの事情の方が詳しいというのも事実です。

ですから、日本とタイのIELTS対策コースを比較してみたいと思います。

 

*IELTS対策コースはたくさんありますので、今回は主な2つを取り上げます。

*タイの学校については、私がバンコクで巡り巡って、行き着いた2つを比較対象とします。

日本

British Council IELTS対策コース

グループレッスン(短期集中型)

対象:中級と書いてありましたので、おそらくOverall 5.0〜6.0程度

回数:30時間

内容:4技能全て満遍なく

金額:117,000円〜(時間や曜日によって違いそうです)*比較Point1

 

グループレッスン(短期集中型)

対象:上級でC1と書いてありましたので、おそらくBand7.0程度

回数:3ヶ月(週1〜2回)

内容:4技能満遍なく

金額:132,192円〜(時間や曜日によって違いそうです)*比較Point1

 

beo IELTS対策コース

グループレッスン

対象:Overall 5.0 -5.5 またはOverall 6.0(2つコースがあります)

回数:12回

内容:4技能全てを満遍なく

金額:147,744円

 

プライベートレッスン

対象:全レベル

回数:5回(5時間分)*比較Point2

内容:おそらく、個人のニーズに合わせて

金額:81,000円 *比較Point2

 

Writing のみ添削

対象:全レベル

回数:5課題分(Task1またはTask2指定)

内容:Writingの添削

金額:97,200円

タイ

British Council IELTS 対策コー

グループレッスン

対象:全レベル

Pre-intermediate :overall 4.0-4.5向け

Intermediate: overall 5.0-5.5向け

Upper-intermediate:overall 6.0向け

回数:40時間

内容:4技能満遍なく

金額:約15,000円 *比較Point1

 

Westminster IELTS対策コース

グループレッスン

対象:全レベル(Overall Band次第で、クラス分けもあります)

回数:30回程度(少しうる覚えですが・・・。)

内容:4技能満遍なく

金額:約90,000円

 

プライベートレッスン

対象:全レベル

回数:20回(基本/フレキシブルです)*比較Point2

内容:生徒のニーズに合わせて

金額:約150,000円 *比較Point2

タイと日本の比較ポイント

ざっと、日本とタイの学校を2つずつ書き出してみました。続いて、

比較ポイントを2つ考察しました! 

比較Point1

日本とタイのBritish Council の対策講座の金額は10万円以上も違う!!

おそらくこれは、物価の差、タイのIELTS受験者数の多さが影響していると思います。

 比較Point2

タイのプライベートレッスンの方が安い!

日本は5回で81,000円なので、1回あたり16,200円

タイは20回で約150,000円なので、1回あたり7500円

 なお、Westminsterには、スーパーIELTS講師がいて、その先生から学びたい場合は、1回のプライベートレッスンは10,200円です。(それでも安い!)

 まとめ

1)タイの方が安い様に見えるIELTS対策ですが、高いことに変わりありませんでした(笑)

 

2)時間的な側面から考えると、IELTS講座は効率的かもしれません。私は、独学で勉強をしていたので、傾向と対策も自分で情報を集めつつやりました。でも、それが1時間の授業で教えていただけたら、どれだけ楽だったか・・・。

 

3)私の個人的な考えとして、10万円という値段に相応する結果が得られるか?というと疑問はあります。20回先生と勉強しても、20回で高得点が出るのであれば、10万円という価値はありますが、結局20回で英語のVocabulary を増やすことはできないと思います。

 

4)BeoのWriting講座は、有効であったという話を聞いたことがあります!

 

5)バンコクWestminsterBritish Councilでは現役または過去にIELTS試験管をしていた方が指導に当たっています。なので、Speaking やWritingの点数を実際につけている人から教えてもらえるというメリットがあります。(*日本は分かりません。)

 

6)WritingやSpeaking対策は先生がいた方がいいと思いますが、講座の費用が高いのであれば、Online添削の利用を検討してもいいと思います。

この件については、別の記事をご覧ください。 

 

ucl.hatenadiary.com

まとめは、主観的な意見も入ってしまいましたが、IELTS対策コースを検討されている方は、色々な情報を探して、ベストな講座を見つけてくださいね♪

参考文献

Beoカレッジ

https://beocollege.jp/module/ielts.html

https://beocollege.jp/module/pdf/2019schedule_tokyo.pdf

 

British Council Japan

https://www.britishcouncil.jp/english/intensive/ielts-coach

https://www.britishcouncil.jp/sites/default/files/tc-course-overview-ieltscoach.pdf

https://www.britishcouncil.jp/sites/default/files/timetable_seasonal_courses_aut19_8_c-tax.pdf

 

British Council Bangkok

https://www.britishcouncil.or.th/en/english/ielts/ielts-upper-intermediate

 

Westminster School of English

 http://www.westminster.co.th/wp/th/english-course/pse/

 

にほんブログ村 英語ブログ TOEFL・IELTSへ

 

最後に!

オックスフォード大学の先生で教育社会学者の苅谷 剛彦先生が新しい本を出されました!私もぜひ読ませていただこうと思っています。

教え学ぶ技術 (ちくま新書)

教え学ぶ技術 (ちくま新書)