「教育学」をロンドン大学(UCL)で深めてみよう ーsayaの挑戦日記ー

UCL合格、ielts 勉強方法、奨学金、visa取得、私が歩んだ留学までの道のりと、これからの日々を綴っています。

ロンドンの生活費ー1ヶ月いくらかかる?ー

f:id:l0vu4evr:20191102022339j:plain

Nattanan KanchanapratによるPixabayからの画像

目次

私の小言

最近、サマータイムが急に終わって、時差がよく分からなくなってしまっています(笑)

急に終わった日は、変な時差ボケ感がありました。

今イギリスは17時ですが、外は真っ暗です。

(この記事を途中まで書いている時は17時でした笑 発行は遅くなりました。)

 

私が、初めてイギリスに来たのは7月。

夜22時まで明るくて、びっくりしたのも4ヶ月前になるんですね。

この4ヶ月で、私はどれだけ成長したのかな?

とにかく、忙しい日々であったのは、間違いありません。

 

さて、今日は1ヶ月の生活費を公開しますね。

というのも、私自身が留学前、どのくらいお金を持って来れば良いのか、とても悩んでいました。

その時に、色々な方々のブログを読ませていただき、現地での生活費を詳しく書いてくださっていた方の記事は、とても参考になったのを覚えております。

現在留学準備をされている方の情報源として、少しでも私の生活費の情報がお役に立てばを思っております。

お金の持ち歩き方

生活費の前に、ちょっとお金の持ち歩き方について軽くお話ししますね。

今回、私は生活費の情報を記事にするにあたり、小まめにレシートを残しておいたり、記録をつけておいたりしませんでした。

なのに!!この記事が書ける!というのは、Monzoさんのお陰です。

 

Monzoとは、インターネットバンクなのですが、私はいつも必要な分だけ、メインバンクのHSBCからMonzoへ移して、お金は持ち歩かず、過ごしています。

その理由は・・・ロンドンはスリが多いからです。

もし、HSBCのメインバンクのカードがスられた大変!

とても、面倒なことになります。

ですから、Monzoのカードは、少額の被害になりますので、安心して持ち歩けるんです。

それから、ロンドンは、本当にキャッシュレス化が進んでいて、50ポンド札(一番大きな単位の紙幣)を受け付けてくれないお店もたくさんあります。

偽札が横行しているためらしいです。

なので、私はMonzoのカードを愛用しています。

そのMonzoのアプリですが、使った分の金額を全て記録してくれているので、今回生活費を公開することができました。

 

ということで、Monzoは大学の書類などなくても、アプリをインストールするだけで、あっという間に口座を開設できます。

とても簡単なネットバンクで、コンタクトレス付きでもあるので、とてもオススメです!

気になった方は、ぜひダウンロードしてみてくださいね。

 

また、ロンドンのスリ被害は本当に深刻です。

(最近でも私の友人がまた一人被害にあいました・・・涙)

 

私は、これまでアジア各国に住んできたことがありますが、先進国であるイギリスが、一番危険であると感じています。(それは、ロンドンだからかもしれませんが・・)

ですから、みなさんも危機管理はしっかりしてくださいね。

過去にスリについての記事を書いておりますので、もう少し詳しく知りたい方は、そちらをご覧ください。

 

ucl.hatenadiary.com

  

ucl.hatenadiary.com

1ヶ月の出費内訳

さて、いよいよ1ヶ月の出費報告です。

本格的に大学院が始まったのが10月です。

ですから、これから当分はこのくらいの生活費を推移していくかな?と予想しております。

 

本日のレート

1ポンド=約140円(わお!!高くなってる!)

これで日本円の計算をしますが、十の位は切り捨てですので、円は全ておおよその計算です。

 

家賃(光熱費・食費込み):800 ポンド / 11万2千円

交通費(Zone1-6):170ポンド / 2万3800円

外食: 58.77ポンド/ 8,200円

旅行:24ポンド / 3300円

コーヒー:27.15 ポンド / 3800円

日用品:17.35ポンド / 2500円

お菓子:3.65ポンド / 500円

合計:約1100ポンド / 15万4000円

 

私も、10月の出費を振り返って・・・

コーヒー(笑)

って思いました。

出費を減らすなら・・・コーヒーを・・・。

これでも我慢して、飲み物は毎日大学に持参しているんですが・・・

勉強していると、どうしてもイライラしてしまって・・気分転換に!と・・・。

ついつい。

 

これから留学を考えている方のために、情報提供を!と思って書いた記事ですが、

いやいや!これは、私自身の振り返りになりました(笑)

考えることが多い記事でした。

終わり。

 

*もしよろしければ、ランキングの応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ TOEFL・IELTSへ