「教育学」をロンドン大学(UCL)で深めてみよう ーsayaの挑戦日記ー

UCL合格、ielts 勉強方法、奨学金、visa取得、私が歩んだ留学までの道のりと、これからの日々を綴っています。

英語の履歴書CVの書き方【見本付き】

f:id:l0vu4evr:20191101092956p:plain

***こんなもの作っちゃいました💓にゃん太君カワイイ💕***

目次

はじめに

もうすぐ1学期も終わろうとしています。

そして、あっという間の1学期でした。

冬休みは、1ヶ月ほどありますが、大量の課題があるので、それをこなすので精一杯になりそうです。頑張ります。

 

そして、今日は英文の履歴書の書き方についての記事です。

英文の履歴書は、留学する時はもちろん、海外の企業に就職する時も必要になりますね。

一度作ることができたら、あとは、どんどん改良していくのみですから、作って損することはありません!!

 

そして、日本と違って自由度は高いので、色々なことが書けます。

でも!!

自由度が高過ぎて、何を書いて良いのやら・・・

と悩んでしまいますよね。

 

実は、今回、私は自分のCVをUCLのキャリアセンターで添削してもらいました。

UCLのキャリアセンターについては、別の記事でまとめていましたので、どうぞそちらをご覧ください。

 

ucl.hatenadiary.com

 

せっかく、UCLのキャリアセンターで色々とアドバイスをいただいたので、今回は、私が受けたアドバイスを含めて、英文のCVについての記事をまとめたいと思います! 

英語のCVの項目

必須項目

1 Name / Address / Email / Phone number 

  • 名前は大きめに!
  • メールアドレスは、普段使うものを!(私はUCLのメールアドレスを入れたのですが、キャリアセンターの人からはyahoo / gmailなどいつも使うものを入れた方がいいよ!と言われました。UCLのメールアドレスは、学生期間が終わってしまったら、消えてしまいますが、gmailとかでしたら、いつまでも残るので。

 

2 Summary

  • 必須項目として入れましたが、無くてもいいようです(汗)でも、あった方が、採用担当者が一目で、私たちのことを把握できるので、入れることをおすすめされました。
  • Summary は自分の強みや、一番主張したいことを入れると良いようです。

 

Education

  • 注意したいのは、Educationの一番上が最も新しい学歴になります。日本と逆ですね。
  • 現在に至ると書きたい時は、2015-present でOKです。(後ほど、見本をご覧ください。)

 

4 Work Experience 

  • Educationと同じように、一番新しいものが一番上です。
  • Work Experienceの項目は、職場名だけでなく、自分の行ったプロジェクトや、職務など、細かくたくさん書きましょう。

 

5 Key Responsibilities

  • Work Experienceの中に含めてもOKですが、別にKey Responsibilities という項目を作ってもOKです。
  • この項目には、自分の職務、達成したことなどなど、詳しく書いてOKです。
  • A4の半分くらいはWork ExperienceとKey Responsibilities で埋めてOKだそうです。
  • 職歴がない人については、違う項目で挽回しましょう!

 

6 Key Skills

  • 自分の得意な点をたくさん書きましょう。
  • 特に、IT skillとLanguage Skillは入れた方が良いようです。

 

7 Certifications / Qualifications

  • ある場合は、書きましょう!

 

付け足し可能項目

8 Volunteer Activities

  • 職歴のない方は、ここで挽回です!今まで参加したボランティア経験をたくさん書きましょう。
  • ボランティア経験の中の、Key Responsibilitiesなども主張してみても良いと思います。

 

9 Internship Experiences

  • これも職歴のない方は、挽回のチャンス!まるで、正規採用として働いたかのように、たくさん書き綴りましょう。
  • もちろん、職歴のある方も、Internshipの経験があれば、書いて損はありません。

 

10 Awards

  • 就職先や進路先で評価してもらえそうな過去の功績があれば、ぜひ!
  • 給付型の奨学金をもらった経験があれば、ここで書いてもOKです。

 

Research Experiences

  • これは、アカデミック関係の就職先や大学院に進学予定者で、経験があれば、書くと良いと思います。

 

Publications 

  • Research Experienceと同様に、Publicationがあれば書きましょう。

 

CVの見本

f:id:l0vu4evr:20191114102459j:plain

f:id:l0vu4evr:20191114102555j:plain

注意点

*イギリスのCVはA4、2枚までOKです。(国によっては1枚です)

 

顔写真はいりません。

 

*フォーマットは自由ですので、今回の様式はあくまでも見本です。デザインは、ネットにたくさんありますので、色々なCVを参考にしてカッコイイCVを作ってみてください。

 

*履歴書の情報は、見本ですので、架空の情報です。

 

*項目は、この他にも色々と追加することができますので、インターネットで検索してみてください。

 

*この見本を参考にして作ったCVで、万が一、就職活動や志望校で残念な結果になってしまっても、責任は取れませんので、その点はご理解をいただいた上で、ご利用ください。

 

 

ということで、私のCVもキャリアセンターのおかげで、完成しました(祝)

完成したCVを使って、これからのことをマイペースに進めていきます。

 

この記事が参考になりましたら、星マークを押していただけますと、嬉しいです♪

星マークが、いつも励みでブログ頑張っています!

皆さん、いつもありがとうございます。

 

にほんブログ村 英語ブログ TOEFL・IELTSへ