ロンドンのクリスマスはどこへ行く?

はじめに


f:id:l0vu4evr:20191225204357j:image

12月X'mas eve !!

私は、普段と同じルーティン(朝から晩までエッセー生活)で過ごそうと思っていたので、特別な日でもなんでもなく、普通の平日の予定でした。

 

でも?!

 

「せっかくロンドンに住んでいるんだから、イベントあるかもよ?一緒に行こうよ!!」

と中国人の友達のお誘いを受け、

「あぁ〜クリスマスか〜。とりあえず、友達と会えるから、行こうかな・・・。」

という感じで始まった、ロンドンのクリスマス情報検索。

 

あれれれ?

色々な発見がありました。

クリスマスイブで行くなら?



f:id:l0vu4evr:20191225205342j:image

1St. Paul's Cathedral

せっかくクリスマスイブなので、クリスマスキャロル聞いてみたいな〜と思った私たちは、色々検索しました。

 

毎年St.Paul's では無料のクリスマスキャロルがあるらしい!

 

私たちは、それに参加する予定でした。

 

そして、開始時間の、1時間前にいったら・・・

大行列!!

 

これは大失敗・・・。

4時スタートのクリスマスキャロル。

おそらく、2〜3時間前くらいに行かないと席が取れないようでした・・・。

そのほか、St. Paul'sでは、12月24日〜25日にかけてのイベントもやっているようなので、来年度以降行く機会があれば、綿密な計画が必要そう・・・。

 

HPはこちらです。

https://www.stpauls.co.uk/

これから新年にかけても、色々なイベントがありそうですよ。

気を取り直して再検索!!

あった!

トラファルガースクエアでは、12月9日〜24日まで毎日4時から9時まで、クリスマスキャロルがある!!とのこと。

 

でも、時間が長過ぎないかい?!

と疑問を持ちつつ、とりあえず4時からトラファルガーで待機。

 

小さなクリスマスマーケットもあるので、チュロスを食べて、お店を見て、待機。

 

5時になり。

「ん?」

 

人は増えるばかり、みんな何かを待っている。

でも、何か始まる気配はない。

 

「変だな〜」と思い、セキュリティーのおじさんに聞いてみると、

 

「そうだね、分からないけど、今日はなんか無さそう。クリスマスキャロルが聞きたいなら、僕が歌ってあげようか〜〜〜〜♪」

 

「・・・oh, thank you lol

 

つまり、12月9日から24日まで、トラファルガースクエアでは、クリスマスキャロルを歌いたい団体が来て、自由に歌って良いよ〜という雰囲気でした。

ですから、「ない日もある!!」

そして、まさかのまさかで、イブの日が無い日でした。

来年は、どうか分かりません(汗)

3. Leiceister Square (China Townの横)


f:id:l0vu4evr:20191225204458j:image

よし!気を取り直して!!再検索。

無料のクリスマスキャロルは、街では見つけられないので

(きっとそれぞれの地域の協会ではあるはずです)

レイセスタースクエアには、クリスマスマーケットがある!!

とのことで、早速移動。

 

「ほー。雰囲気、クリスマス!」

 

でも、「あれれ?」

 

ほとんど、お店はトラファルガースクエアと同じ(笑)

そして、欲しいものは全然無い・・・。

 

あっという間に見終わったので、再検索。

んー・・・。無い。

期待感が高過ぎただけに、残念すぎる・・・ロンドン(涙)

 

クリスマス当日の過ごし方


f:id:l0vu4evr:20191225204524j:image

そして来たる12月25日本番!!

お店全てお休み

公共交通機関運休

 

つまり、クリスマスは家族の日。

外に出歩いて楽しむ日では無いということですね!!

 

そして、独り身の私は、今こうして朝からブログを書き、これが終われば、エッセーをやろうかなって。

 

ただ、今日は珍しく、快晴であるという点だけ、私は嬉しいです(笑)

年末の交通情報(2019年度版)

とりあえず、12月25日は毎年電車は動いていないようです。

(そりゃね!運転手のみなさんも、家族で過ごしますからね!!)

 

そして、1月2日まで色々と変更があるようなので、メモ用として、電車の時間をあげておきます!

f:id:l0vu4evr:20191225210407j:plain

 

終わりに


f:id:l0vu4evr:20191225204427j:image

なかなか面白いクリスマス経験をさせていただきました。

でも、良いでしょう。

 

そして、私は今回ロンドンに住んで、2つ感じたことがあります。

1)大家さんのお家に届く大量のクリスマスカードを見て、

  クリスマスカード=日本の年賀状であること

 

2)どの家の玄関先に飾ってあるクリスマスリースを見て、

  リース=しめ飾りであること

 

終わり。

にほんブログ村 英語ブログ TOEFL・IELTSへ