【IELTS Band 7.5取得教材】sayaのおすすめ教材とレビューPart 1

f:id:l0vu4evr:20200223094906g:plain

はじめに

私の場合、IELTS Band 7.5に至るまでは、長い道のりでした。

もっといい情報源に出会えてたり、情報収集のためにTwitterを登録してたり、していたら、効率的だったのかな・・・と思います。(ちょっと、後悔・・・)

 

そんな後悔もあり、情報がみなさんに届けば!と思い、

今は、私が過去にたくさん集めたIELTS情報大学院留学のプロセス奨学金情報などをブログでお伝えしています。

ぜひ、情報源として参考になさってください。

ご質問がある方は、お問い合わせ または TwitterのDM (@l0vu4evr)で受け付けております。 

 おすすめ教材とレビュー

さて、今回は私が実際に使って勉強した教材Part1を紹介させていただきます!

個人的な意見として

  • O:よかった点 
  • △使いにくかった点

での、レビューも含めて紹介いたします。

Listening

  • パーフェクト攻略 IELTS Listening 
パーフェクト攻略IELTSリスニング 新装版

パーフェクト攻略IELTSリスニング 新装版

 

 

O:一通りIELTSの問題に触れることができ、問題数が豊富

O:練習問題がついているので、本番のように練習を行うことができる。

 

:高得点を目指すには、もう少し問題数が多いと良いかも。

 

おすすめの方:IELTS受験経験がないが、Overall Band 6.0~6.5を目指したい人!もし、もっともっと高い点数を目指したいんだー!と思っている方は、下記のリンクを!

ucl.hatenadiary.com

Reading

  • パーフェクト攻略 IELTS Reading 
パーフェクト攻略IELTSリーディング 改訂版

パーフェクト攻略IELTSリーディング 改訂版

 

 

O:一通りIELTSの問題に触れることができる。

O:多様な問題の傾向に触れることができる。

 

高得点を目指すには、もっと練習問題が必要なので、別に教科書が必要です。

 

おすすめの方:IELTS受験経験がないが、Overall Band 6.0~6.5を目指したい人。もし、もっともっと高い点数を目指したいんだー!と思っている方は、下記のリンクを!

ucl.hatenadiary.com

 

Writing

  • パーフェクト攻略 IELTS Writing 
パーフェクト攻略IELTSライティング 改訂版

パーフェクト攻略IELTSライティング 改訂版

 

 

O:多様なグラフの傾向を抑えている。

O:問題が、なかなか難しめなので、本番で難しい問題が出てきても、対応できる。

 

:ライティングの基礎が十分でないと感じる人には、グラフは少しレベルが高めです

 

おすすめの方ライティングBand 6.0以上を目指している方には良い問題集です。Band7.0以上を目指す場合には、これ以外の演習が必要になってくるでしょう。

 

  •  IELTS ライティング完全攻略  
IELTSライティング完全攻略 (アスカカルチャー)

IELTSライティング完全攻略 (アスカカルチャー)

  • 作者:塚本 亮
  • 出版社/メーカー: 明日香出版社
  • 発売日: 2013/07/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

O:IELTSライティングを詳しく分析されている、ライティングの教科書。

O文法の演習もある。

O生徒の模範解答と先生の添削結果を比較しながら、解説されている。

O:問題の質がなかなか難しめなので、高得点を目指している方には良い。

 

 :添削結果のエッセーの質が、Band いくらなのか?という点が分からないため、どんなエッセーを目指すべきなのか、個人学習のみでは難しいかもしれない。

 

おすすめの方ライティングの演習を多くしたい方 。ライティングを極めたい方

 

  • Writing for the IELTS
Barrons Writing for the IELTS 

Barrons Writing for the IELTS 

  • 作者: 
  • メディア: ペーパーバック
 

 

O:ライティングの4つの評価基準に沿って、勉強を進めることができる。

O:とにかく、演習量が多い

O:全てにモデルエッセーがついている。

 

:モデルエッセーの質がまずます。

:Task2のエッセー課題が、IELTSらしくないものもある

British Councilが出している教科書でないからかもしれない)

 

おすすめの方:IELTSで高得点を取りたい方で、特にライティングを苦手としている方。とにかく、演習量を増やしたい方。ただし、 Writingは演習量を増やすだけでは伸びません。もう少し詳しい勉強法を知りたい方は、下記のリンクをどうぞ。

 

ucl.hatenadiary.com

 

Speaking

スピーキングに特化した教科書は使いませんでした。

ですが、過去問は大量にネットから探しました。

  

特に、Liz先生のサイトを参考にしました。

LIZ先生は、Youtubeにも動画をアップロードされているので、ぜひそちらも参考になさってください。

 

スピーキング試験の雰囲気を感じ取るために、たくさんYoutubeで模擬面接の動画を見ました。 

まとめ

教材はたくさんあるので、悩むと思いますが、ぜひ私のレビューがみなさんの教材選択の参考になりましたら、嬉しいです。

それでは、次はPart2で続きをご紹介いたします。みなさん勉強頑張ってください〜!