「教育学」をロンドン大学(UCL)で深めてみよう ーsayaの挑戦日記ー

UCL合格、ielts 勉強方法、奨学金、visa取得、私が歩んだ留学までの道のりと、これからの日々を綴っています。

【裏話】オンライン英文添削 IDY(アイディー)の講師ってどんな人?

目次

IDY(アイディー)について

みなさんIDYってご存知ですか?

166円から英文の添削をしてくれるという、ライティングの練習にはぴったりのサイトなんです。

f:id:l0vu4evr:20191116013955p:plain

 無料体験もあるので、面白そうだな〜と思って、学習者として登録してみました!

その時の体験も踏まえて、今回は記事をまとめたいと思います。

無料体験してみた結果

まず、登録すると、1200円分の無料添削チケットをしてもらえます。

 

無料なら!! 一回くらいトライしても良いかな?という感覚でやってみたんです。

 

IDYはポイント制度を取っていて、1200円分とは、100ポイント相当になります。

では、この100ポイントで、どのような添削をしてくれるのでしょうか?

2つの添削システム

1)学べる添削

講師からの解説つき

講師の添削結果に質問することができる(2問まで無料)

画像を添付して、画像を説明した文章を添削してもらえる

1.5ポイント=13円の計算

(例)50words = 668円

 

2)お手軽添削

講師からの解説なし

単価が安い

1.2ポイント=11円の計算

(例)50words = 534円

 

つまり・・・

1200円相当なら、学べる添削で、90words程度 / お手軽添削なら100wordsちょっと添削してもらえるということですね。 

 

ま〜、無料なので、ちょっとしか添削してもらえなくても、良い機会かな?と思って、学べる添削を使って、文章を見てもらいました。

当時は、IELTS Task1の一部を見てもらったような気がします。

どんな方が講師なの?①

IDYでは好きな講師を選択できますので、プロフィールを見て、良いな〜と思った方から添削をしてもらうことができます。

 

私も色々な講師のプロフィールを拝見したのですが、みなさんとてもスキルが高く素晴らしい経歴の持ち主ばかりでした。

また、

過去の添削件数

生徒のレビュー

なども参考にしながら、先生を選ぶことができます。

もちろんネイティブの先生もたくさんいます。

ネイティブの先生の学べる添削は、英文で解説がついてくるので、より一層英語の勉強になりますね。

 

でも私は、いまいち誰を選んで良いのか分からなかったので、IDYに選んでもらった講師の方に添削してもらいました。

 

返信はあっという間にきて(数時間後)とても丁寧に解説してくださり、わかりやすかったです。

 

が!!

 

これを体験して、私は気づいてしまいました。

もしかして・・・

私、講師できるかも?

どんな方が講師なの?②

ということで、

講師はどんな方かと言いますと・・・

私みたいな人が講師です(笑)

 

最初は、無料体験の生徒で、使ってみたのですが、講師登録してみたら、合格しましたので、実は、1年ほどIDYの講師をしておりました。

 これはIDYにとって、良い宣伝なのか、悪い宣伝なのか・・・(汗) 

 

私が講師をしていた時は、毎日2件から最大5件ほど添削を行なっておりました。

毎日私を指定して、一生懸命文章を書いてくださっている方々も多く、私も頑張って添削しよう!!という気持ちになりました。

 

また、IDYのいいところは、英文の添削だけなのに、英文の日記の内容を通して、その人の人柄が分かってきて、距離が縮まっていく感覚があるとこです。

このコミュニケーションが、とても楽しかったです。

 

毎回、講師は学習者の方に、メッセージを書くのですが、私はありきたりな定型文というのがあまり好きではなかったので、みなさんの文章を読んで感じたこと、文章の中の文法の追加説明、私ならこんな表現を使いますよ〜ということを書いていました。

 

私は、講師としての立場でIDYに関わっていたのですが、IDYは本当に楽しかったです。

そして、正しい英語の添削を心がけるためにも、私もかなり勉強していました(笑)

 

ということで、気になった方は、ぜひ無料体験してみても良いかもしれないですね♪ 

 

にほんブログ村 英語ブログ TOEFL・IELTSへ