【大学院留学サポート】イギリスとアメリカの大学院応募条件を比較してみました!

f:id:l0vu4evr:20200311080056p:plain

はじめに

みなさん、こんにちは。

いつも、ご訪問ありがとうございます。

 

こちらのブログを訪問してくださっている方は、少しでも留学に興味のある方が多いと思いますので、今回は大学院の受験ネタにしてみました!

 

さて、みなさんが留学をするなら、どこの国を考えますか?

アメリカ?イギリス?カナダ?オーストラリア?または、アジア圏?

留学先の選択肢ってたくさんありますよね。

 

でも、ただでさえ、大学院受験のために

  • 応募条件の確認
  • 色々な資料の準備
  • 推薦状の作成依頼
  • 試験の準備と受験
  • 社会人なら仕事との両立 etc

一校の受験でも大変なのに、様々な国の大学を複数校受験するならば、条件が違うし・・・・

もう・・・(涙)と言いたくなりますね。

 

私は今イギリスに留学をしているわけなのですが、私は国を跨って受験するのは、早々に諦めました(苦笑)

 

 

そんな私ですが、一応多文化な背景があるアメリカは、教育社会学を学ぶのに、とても魅力を感じていました。

 

なので、大学院受験をしている時は、アメリカの大学も調べていました。

 

果たしてアメリカとイギリスでどの程度応募資料に違いがあるものなのでしょうか?

 

今回は、当時色々と調べていた、スタンフォード大学と現在私が在籍していますロンドン大学の条件を比較してみたいと思います。

 

University College London (ロンドン大学

コース名:MA Sociology of education 

期間:1年間

学費:20,110 ポンド(約280万)

出願費用:80ポンド(約11,040 円)

 

<応募書類>

  1. 成績証明書
  2. 英語の試験(IELTS の場合Overall 7.0 each components 6.5 )
  3. Personal Statement 
  4. 推薦状2通
  5. CV履歴書

Stanford University (スタンフォード大学

コース名:International Comparative Education

期間:1年間

学費:53178ドル(約580万)

出願費用:125ドル 

 

<応募書類>

  1. 願書(指定の用紙がHPにありました)
  2. Statement of Purpose / 志望動機 (HPを見ると、どのようなStatement of Purposeが良いものなのか?というガイドラインがありました。ガイドラインこちら)
  3. 履歴書
  4. 成績証明書
  5. GREのテストスコア
  6. TOEFLのスコア(IBTのスコアで100)
  7. 推薦状(3通)(1通は確実に大学の先生、もう2通は、職場の上司など専門職の方からの推薦状でも良いそうです。)

GREとは?

Graduate Record Examinationsという基礎学力を測る試験で、言語力に加え数学的な知識も含まれている試験です。

有効期限は5年のようです。

 

大学院を受験していた時の私は、仕事をしながらIELTS試験対策を平行して行っていました。

IELTSで精一杯の状況だった私は、GREに時間を費やすことをやめ、IELTS一本で勉強を進めることにしたので、アメリカへの進学は諦めました・・・。

 

ただし、GREが不可能なものか?と言われたら、そうでもないはずです。

勉強次第でしっかり点数の取れるものですから、ぜひアメリカへ留学に行きたい方は頑張ってくださいね。

 比較結果

さて、比較結果ですが・・・

こんなところでしょうか?!

  • GREがあるかないかの違いが最も大きい違いである。 
  • 1年間の学費アメリカの方が高い!!(びっくりして、何度も読んで計算し直しました汗)
  • UCLはTOEFLも対応しているので、英語の試験の違いはあまりなさそう。
  • 推薦状2通と3通の違いアメリカかイギリスかの違いではなく、大学のレベルによるものである。

 受験準備サポート

最後になりますが、これから大学院を受験しようと思っている方々のために、過去に私が書きためてきた受験準備についての記事をご紹介させていただきます。少しでも、みなさんの受験準備の支えになればと思っています!!頑張ってください。

 

なお、ご質問がある方は、お問い合わせ または TwitterのDM (@l0vu4evr)で受け付けております。 時間のある時に、お返事いたします。

Personal Statement の書き方についての記事

 

ucl.hatenadiary.com

 

 

ucl.hatenadiary.com

 

私が実際にUCLに応募したときのPersonal Statement のアウトラインを解説しています。ぜひご自身の経験や思いに合わせて、アレンジを加えてみてください!

 

CVの書き方についての記事 

ucl.hatenadiary.com

 

UCLのキャリアセンターの人からのアドバイスをもらって作成したCVの見本もあるので、英語のCVを初めて作る人のお役に立てばと思っています!

 

推薦状についての記事

ucl.hatenadiary.com

 

 

推薦状についてですが、職歴がとても長くて、アカデミックな方から推薦状を書いてもらうのが難しいという方は、2通とも職場の方でも良いそうです。

その場合は、大学の方でCVを確認し、職歴が長いということを考慮にいれてくれるようですよ。(とある留学エージェントの方からの情報です。)

 

ちなみに、UCLは推薦状2通ですが、2通が一般的です。

実は、1通でも応募可能な大学もあります!

推薦状3通求める大学は、非常に有名な大学ばかりです。

*イギリスならOxfordとCambridgeでしょう・・・。

それでは、受験準備頑張ってください〜!